トップページ > 5トン限定区分廃止

エム・ジーマリーンロゴ

ボート免許 「5トン限定区分廃止」についての情報

小型船舶操縦士試験機関である、財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会より10月8日、公示がありましたのでその一部を紹介します。

既に公示した小型船舶操縦士試験のうち、平成16年11月1日以降に開始する試験については下記のとおりとするので公示する。
                       
試験の種別が一級小型船舶操縦士(五トン限定)試験又は二級小型船舶操縦士(五トン限定)試験となっているものについては、それぞれ一級小型船舶操縦士試験又は二級小型船舶操縦士試験に変更する。


この公示に伴い、当スクールのボート1級(5トン限定)および2級免許(5トン限定)コースは、ボート1級および2級免許のコースにそれぞれ変更されます。詳細はお問い合わせ下さい。

また現在1・2級の5トン限定免許をお持ちの方は改正されますと、それぞれ自動的に限定なし免許に移行します。その結果、総トン数20トンまで操縦できることとなります。

また、5トン限定の免許をお持ちの方は、次回免許の更新時までは、今お持ちの免許証のままで総トン数20トンまでの船に乗ることができる予定です。
    

新制度の資格体系
資格 操縦できる船と航行区域等
1級小型船舶操縦士 総トン数20t未満 航行区域:制限なし
100海里を超えての航行は6級海技士(機関)乗組み必要
2級小型船舶操縦士 総トン数20t未満 航行区域:平水区域及び海岸から5海里
2級小型船舶操縦士
1海里限定
(旧制度で5級取得の方)
総トン数20t未満 航行区域:海岸から1海里
2級小型船舶操縦士
若年者限定
(18歳未満の者)
総トン数5t未満 航行区域:平水区域及び海岸から5海里
5tの限定は18歳をもって自動的に解除されます
2級小型船舶操縦士
湖川小出力限定
総トン数5t未満 航行区域:湖川及び一部指定海域
機関出力:15kw未満
特殊小型船舶操縦士 水上オートバイ 航行区域:船舶に対して係る海域(2海里)

     

新制度の資格(試験)種別
資格 受験可能年齢 免許年齢
1級小型船舶操縦士 17歳9月 18歳
2級小型船舶操縦士 15歳9月 16歳(18歳までは5t限定)
2級小型船舶操縦士
(湖川小出力限定)
15歳9月 16歳
特殊小型船舶操縦士 15歳9月 16歳

5トン限定枠撤廃に伴い、1級および2級の旧T型船による実技試験は廃止され、新T型船で行います。MGマリーンでは改正後も、
●ボート1級コース
●ボート2級コース
●特殊小型(水上オートバイ)コース
●ボート1級+特殊小型のセットコース
●ボート2級+特殊小型のセットコース
●ステップアップコース
で新制度に対応します。
|TOPページへ|
Copyright(C) 2003-2005 MG MARINE All right reserved.